働き方

「働きたいアジアの国ランキングで日本最下位」の結果に驚くのは日本人だけという笑えない話


以前の記事で、「移民の規制を緩和して労働者を受け入れるようになったら移民が押し寄せてくる」などという心配は無用だということを書きました→「【単純労働の外国人受け入れ】移民が増えたら心配?日本で働きたい外国人なんて多くないから心配ナシ!

「こんなブラック企業文化が当たり前のように根付いている日本で働きたい人なんてほとんどいない」というのが私の意見なのですが、それを裏付けるような調査結果を見つけました。

高スキル人材の人気度でアジア最下位

以下のThe Japan Timesの記事によると、高度なスキルを持っている人たちを対象にした調査で、働きたいと思う国ランキングにおいてアジア11国の中で最下位だったそうです。

Japan ranks dead last in Asia for top foreign talent | The Japan Times

まあ、何度も言っている通り、日本の労働環境を見れば当然の結果なんですけどね。

旧態依然とした奴隷のような労働環境だと分かっていて、わざわざ日本に来て働きたいなんて思う人なんていないんですよ。

上のThe Japan timesの記事のコメント欄にはたくさんのコメントが投稿されていますが、その中で実際に日本で働いたことがあるという人のコメントを一部紹介しましょう。

「日本の企業は外国人の目から見ると、非常に閉鎖的で、歓迎されていない感じがする。人種差別偏見性差別いじめがあり、排斥的で外国人嫌いだ。また、外国人スタッフに対して、職業保障、報酬、訓練、キャリア昇進の機会などをほとんど与えない。そして、外国人は常に『二流の消耗品』の扱いを受ける。そして、給与は日本の生活コストを考えると、その他の発展途上国にも劣るレベルだ。」

どうですか?

これが、日本で働いたことのある人の生の意見、そして日本の現実です。

日本がアジアで1番だと思っているのは日本人だけ

この調査は高いスキルを持っている人達を対象とした調査なので、政府が規制緩和しようとしている「単純労働」をする人材の場合は話が違ってくるかもしれません。

ただ、単純労働の現場にしたところで、結局、高度なスキルが要求される職場と同じかそれ以上にブラックでしょうから、日本の労働環境の酷さを知らずに日本に来て現実を目の当たりにした外国人たちが逃げ出すのは目に見えてます。

つまり、日本の労働環境の現実を知っている人は日本に来ないし、知らない人は、「お、スキルが無い俺でも日本で働ける!」と言って喜んで日本に来て、その労働環境の酷さに直面して去っていくというわけです。

ところで、冒頭のThe Japan Timesの調査で、他にどんな国と比較されたか気になりますよね?

全11か国は以下の通りです。

  1. シンガポール
  2. 香港
  3. インドネシア
  4. マレーシア
  5. タイ
  6. フィリピン
  7. 中国
  8. インド
  9. 台湾
  10. 韓国
  11. 日本

日本人だったら、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピンなどは、「日本のほうがこれらの国より遥かに進んでいる」なんて格下に見ている人がほとんどではないかと思います。

でも実際は、日本に来て働きたいなんて思われていたのはバブルで景気が良かった頃くらいです。

景気が悪い上に、労働環境で見たら日本なんて本当にクソレベルなんですよ。

今となっては、「日本?あんな国で働きたくない」と言われるのが現実なんです。

いや、大げさに言ったりとか、私の偏見とかじゃありませんよ。

実際、私の周りのオーストラリア人で日本のことを知っている人は今までのところ、100%そう言ってます。

それなのに、未だにバブルの頃の意識のまま、「日本はいい国だから外国人(特に発展途上国のアジア人など)は日本で働きたい・住みたくて仕方がないのだ」と思っている日本人がいかに多いことか。

日本で残業が無かったり有休がきちんと取れる企業は、「ホワイト企業」などといって称賛されますが、海外ではホワイトが当たり前なんですよ。

「海外」と一括りにすると語弊があるので、「少なくとも私が住んでいるオーストラリアではそうです」と言い直しておきます。

その他の先進国でも同様でしょうね。

日本ほどブラック企業が蔓延している国は、他の先進国には無いでしょう。

オーストラリアではホワイトがほとんどで、ブラックはごく一部

日本ではブラックばかりで、ホワイトがごく一部です。

あ、私が言う「ブラック」と言うのは、「残業・パワハラだらけで過労死するレベル」ではなく、「残業が少しでもあって、なおかつ残業代が出ない会社」のことです。

オーストラリアでは完全週休二日で残業が無いのが当たり前で、残業したら残業代か代休が出るのが当たり前、そして、有休は100%消化が当たり前ですからね。

要するに「外国人はみんな日本で働きたい・住みたいと思っている」などと勘違いしているのは海の外の世界を知らない日本人だけなんです。

私が言っていることが理解できない人でも、海外に出てその労働環境を見たらきっと分かると思いますよ。

ホワイト企業に転職しませんか?

当ブログはホワイト企業、ホワイト企業を紹介する就職・転職エージェントを応援しています

以下のエージェントは、ブラック企業を紹介先から除外していることを明確に謳っているので特にお勧めしています。エージェントは求職者側は無料で利用出来ます。もちろん登録も無料でできますので、まずは登録してみて、自分に合っているエージェントを探してみてはいかがでしょうか?

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

1人あたり平均10時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。

履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行います。内定後はもちろん、入社後もサポート。

ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活。

楽な転職.com

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県在住の20代の方が対象の転職支援サービスです。

楽な転職.comは「働きやすい環境」をご紹介する転職支援サービスです。法令を遵守した「ホワイト企業」への転職を目指しますブラック企業から脱出て、楽しく働きましょう。

あなたが職場に求めることを、なんでもご相談ください。専門コンサルタントがじっくりヒアリングし、新しい職場のご提案をします。

楽な転職.comが考えるホワイト企業

  • 自由に有給がとれる
  • 厳しいノルマなし
  • 社員同士の陰口やイジメがない
  • 会社や上司から圧迫されない
  • 風通しの良い社風である
  • セクハラやパワハラがない

井を出た蛙の(アンチブラック企業)就職・転職サポート部」では、当サイトと提携した約100社の就職・転職エージェント、求人情報、キャリア支援・コースのサービスを提供している会社を紹介しています。これから就活をする方、転職を考えている方は是非ご活用ください。

ABOUT ME
かわずん
かわずん
アンチ・ブラック企業ブロガー