【給料は我慢料?】「お金は苦労して稼ぐべき」という洗脳から抜け出すべきワケ

私は最近、高知の田舎に移住したイケダハヤトさんのブログを読んでいます。

彼が高知市に移住した辺りで彼のことを知り、「こんな人達もいるんだなー」と共感を覚えて妻にも教えたのを覚えています。

最近の記事で彼がとても良いことを言っていたので紹介したいと思います。

「労働してお金を稼ぐべきだ」という価値観は、もはや洗脳。 : まだ仮想通貨持ってないの?

「労働してお金を稼ぐべきだ」という価値観は、もはや洗脳。

~(中略)~

給料を「我慢料」として受け取ってる人は、もれなくヤバいと思ったほうがいいですね。

~(中略)~

何度もいうけど、報酬は「我慢」の対価じゃないんです。
生み出した価値への対価ですよ。当たり前じゃないですか。
あなたは今日はどんな価値を生み出し、それで、いくら稼ぎました?
え?オフィスで我慢してただけ?
厳しいけど、それじゃ食っていけませんよ……。

最初のステップは「給料は我慢料」という考えを捨てること

日本では社会人になって辛いことがあるとよく、「今は辛くても我慢すれば報われる」「今逃げたらずっと逃げの人生になる」などと言われます。

そして、「理不尽で辛いことでも、それを乗り切らないと成長できない」と信じ込まされ、ひたすら「我慢」するようになります。

まさに「我慢の押し売り」。

自分が本当にやりたいと思うことであれば、辛いことがあってもそれを乗り越えれば何か得るものがあるでしょう。

でも、やりたくなくて仕方がなくて辛いだけの仕事を我慢して何年頑張っても幸せにはなりません

むしろ時間の無駄です。

「辛いことを乗り越えた」という一時的な達成感はあるかもしれませんが、それで人生幸せになることはありません。

サラリーマンが、本心では働きたくないと思っているのに、「やり甲斐があるから~」などと言っているを時々耳にします。

これが正に「一時的な達成感」です。

でも、そんな考えがブラック企業をのさばらせるのです。

こういう人たちは、「今は辛くても頑張れ」「夢の実現のために頑張ろう」などと言われ、いいように会社に使われているだけなのだと早く気付くべきです。

こうやってブラック企業を辞めることも出来ず、貴重な人生の時間を搾取され続けている人たちがどれだけいることか。

あなたの今の仕事が「辛いだけの仕事」であるのなら、せめて、楽しいと感じなくても、辛さを我慢しなくても良い仕事に転職するほうが身のためです。

次のステップは「楽しんで稼ぐ」こと

二番目のステップは、心から楽しいと感じる仕事を見つけてそれを実現することです。

これは最終目標でもあります。

私は、有名なブロガーやユーチューバーが、「この仕事は大変だけど、楽しいから辞めたいと思ったことは一度もない」と言っているのを何度も聞いたことがあります。

彼らは心から仕事を楽しんでいるからこそ、大変でもそれを辞めたいと思ったことは一度もないのです。

中には楽しみ過ぎて、大変だとも思わない人もいるでしょう。

サラリーマンでも、会社で働くことが楽しくて仕方がない人もたくさんいると思います。

例えば、何か大規模なシステムを作るとか、大きな建築物を作るとか、個人でやることは難しいことでも、会社ならばその一員として実現することができます。

なので、私はサラリーマンという働き方は否定しません。

いずれにしても、心から楽しいと思う仕事をしていれば「大変」と思うことはあっても、「辛い」と思うことは無いのです。

なので、心から楽しいと思える仕事を探すのが最終目標なのです

とは言っても、「今の会社を辞めて自分がやりたいことをやってみて、それでお金が稼げなかったらどうするんだ?」と言う人が必ずいます。

仕事を変えてみて、「お金はそれほど稼げないけどこの仕事や生活が楽しくて仕方がないから辛くない」という人はそれでいいと思います。

でも仕事を変えてみたら、「お金が稼げなくて辛いからやはりこの仕事はやりたくない」と思うようになったのなら、それはもう心から楽しめる仕事ではないという事です。

そうしたら、また他の「楽しいこと」を探してやればいいのです。

「お金は苦労して稼ぐべき」という価値観は洗脳

イケダハヤトさんは記事内で、「『労働してお金を稼ぐべきだ』という価値観は、もはや洗脳」と言っています。

彼は最近、仮想通貨にはまっているので、「働かなくてもお金を稼げる時代になった」ということを言っているのですが、純粋に「働くこと」と言う意味であれば、投資にしても何にしても、色々調べたりしないと稼げないので、いずれにしてもそこには「労働」はあります。

(中には何も考えずに仮想通貨に投資していたら儲かったという人もいるでしょうが、でもそれはただ運が良かっただけであって、ギャンブルとほとんど変わりません)

例え今、完全な不労所得を得ている人であっても、それが相続や贈与などでない限り、その資産を築くために最初は働いていたわけです。

結局、お金を自力で稼ぐには労働は必要なのです。

しかし私は、「『お金は苦労して稼ぐべきだ』という価値観は洗脳」だと思います。

「楽をしてお金を貰ってはならない」

「お金を稼ぐのは辛くて大変なこと」

「仕事とはやりたくないことを我慢してやること」

あなたがもしこうやって考えているとしたらそれは仕方のないことです。

なぜなら、日本人はみんなそうやって教育されて育ってきたのですから。

ブロガーや、ユーチューバーという、新しい職業は最近になって出てきましたが、今後はますます稼ぎ方が多様化してくるでしょう。

そういう世の中になると、昔だったら会社で働くことしか選択肢がなかったような人たちがどんどん自分の「楽しいと思うこと」をやって稼げるようになってくると思います。

イケダハヤトさんも、「もし生まれたのがもっと昔だったら今頃会社員として働いていて消耗していただろう。今の時代に生まれて良かった」というようなことをどこかで言っていました。

新しい稼ぎ方が増えて、楽しんで稼げる人が増えてくると何が起こるか?

「辛いと思いながら」「仕方なく」働く人たちが減りますね。

そうすると、わざわざブラック企業で働こうという人は減っていくでしょう。

つまり、ブラック企業が淘汰されていく可能性があるわけです。

そういうわけで私はみなさんに、「お金は苦労して稼ぐべきだ」という考えはどんどん捨てていって欲しいと思います。

そして、新しい稼ぎ方が増えていく中で、それぞれの人が楽しいと思える仕事で稼げるようになる世の中になって欲しいと思います。

 

ところで、あなたは会社から貰う給料や有給を会社が「下さって」、それらを「ありがたく頂く」ものだと思っていませんか?

それも日本人を不幸にしている洗脳の一種です。

そんな話に興味があったら以下の記事を読んでください!

給料・休み・仕事を「頂く」という自虐発言をしていると失う「大切なもの」とは?よく、給料や休みや仕事を「頂く」と言う人を見かけます。日本では謙虚さが美徳とされますが、これは自らの価値を貶める「自虐発言」であり、そんな言動をしている間に労働者は確実に大切なものを失います。その大切なものとは・・・...
>給料・休み・仕事を「頂く」という自虐発言をしていると失う「大切なもの」とは?

ホワイト企業に転職しよう

当ブログはホワイト企業、ホワイト企業を紹介する就職・転職エージェントを応援しています。

以下のエージェントはブラック企業を紹介先から除外していることを明確に謳っているので特にお勧めしています。

エージェントは登録も利用も無料なので、まずは登録してみて自分に合っているエージェントを探してみてください。

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して就活。

1人あたり平均10時間の手厚いサポート。企業担当による面談対策。幅広い求人のご紹介。

履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行います。内定後はもちろん、入社後もサポート。

ウズキャリ既卒

主に20代のフリーター、既卒の就職サポートサービスを完全無料で提供しています。

  • ブラック企業を徹底排除!
  • 既卒・フリーターの内定率83%以上
  • キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒

離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けており、全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認しています。
もちろん基準を満たさない企業との取引は一切行っておりません。
そのため、弊社から入社された方の定着率は93%以上と非常に高いです。

退職代行EXIT

最近話題の退職を代行してくれるサービスです。ブラック企業では辞表を出すと脅迫をされたり退職させてもらえないということがあります。退職代行EXITを通せば会社と直接話すこともなく退職することが出来ます。退職成功率は100%。メールやラインで無料相談することができますので、現在「辞めたいのに辞めさせてもらえない」という方は無料相談を受けてみてはどうでしょうか?

 

井を出た蛙の(アンチブラック企業)就職・転職サポート部」では、当サイトと提携した約100社の就職・転職エージェント、求人情報、キャリア支援・コースのサービスを提供している会社を紹介しています。これから就活をする方、転職を考えている方は是非ご活用ください。

ABOUT ME
かわずん
かわずん
アンチ・ブラック企業ブロガー