ブラック企業入社からオーストラリアに移住するまでの記録(続き3) ~何にしても英語力が必要

9f3e8ca61e2d784e6ca5a2af7f4d65b1_full

実は英語大嫌いなんです・・・

その大きな問題とは・・・英語です。

私は英語が大嫌いで、中学生の頃などは散々な点を取っていましたし(今だから言いますが赤点とかも取っていました)、日本の大学に入ってからも同じでした。

私の口癖は「自分は日本にずっと済むから英語なんて必要ない」「アメリカに行く日本人は英語を話すのだから、日本に来る外国人はみんな日本語を話すべき」というものでした。

こんな私が英語を使わなければならなくなるとは本当に皮肉な話です。

でも嫌いとばかり言っていられません。

なにしろ、英語をなんとか上達させないことには仕事を得るどころか大学だって卒業できるはずがありません。

オーストラリアの大学に海外からの留学生が入るにはIELTS(アイエルツ)という英語の試験を受けて一定以上のスコアを取る必要があります。

入学に必要なスコアはそれぞれの大学や学部によって結構違います。

知っている方もいると思いますが、アメリカではTOEFLの点数が入学の条件になります。

イギリス圏だった国ではそれがIELTSなわけです。

ちなみに、オーストラリアの現地の高校生が入学する場合は日本と違って入試というものは無く、高校の時の成績で入れる大学が決まるそうです。

この辺はあまり詳しくは知らないのですが。

留学生はIELTSの試験の点さえなんとか取れば入学はできるので、ある意味簡単です。(いえ、英語嫌いの私には正直言って全然簡単ではないのですが・・・)

聞いたことがある方もいるかと思いますが、入学は難しくなくても卒業するのは恐ろしく大変なのです。

アメリカもそうらしいですが、オーストラリアでも同じでした。

私も大変な目に合いましたが、これに関しては次回のブログで書こうと思います。

嫌でも試験受けないとならん!

さて、大学に入るためにIELTSの点数をなんとしてでも取らないとなりません。

IELTSはリスニング、ライティング、リーディング、スピーキングの4つの試験から構成されていて、それぞれでスコアが出るようになっています。

最高点は9点です。

私が入りたい大学の学部は全てのカテゴリで6.5ポイント以上を取ることが必要でした。

ここがこの条件の嫌なところです。

例えばリスニングは6点でそれ以外は全て7点を取ったとします。

この場合は当然上記の条件を満たすことはできません。

次回のテストで今度はリスニングで7点取ったけれど、ライティングでは6点だったとしたらこれまたダメなのです。

つまり、ある時点のテストで全てが条件以上を満たすポイントでないとならないということです。これはかなりプレッシャーです。

もう一つこのテストで嫌なところは受ける頻度が制限されていたことです。

今はこの制限は廃止されたようですが、私の時は前回の受験日から次のテストまで3ヶ月以上開けないとならないというルールになっていました。

ですので、目標としている日にちがあるのならそれまでに受けられる回数というのも自動的に決まってしまっていました。

IELTSは日本ではほとんど知られていないので対策本なんかもあまり売られていません。

そこで私は日本で買えるIELTSのテキストと過去問題の本を買い集めましたた。

さらに、テストというのはテクニックもある程度必要なので東京にあった英語学校に仕事帰りに通いました。

この英語学校はブリティッシュ・カウンシルという名前でイギリス政府の公的な国際文化交流機関が運営しているところらしいです。ここ以外では恐らく日本でIELTS対策コースを行っている学校は無いと思います。

少なくとも私が通っていた時点では他にはありませんでした。

幸いこの学校はオフィスの近くにあったので週に二回ほど仕事帰りに通いました。

結局点数が足りず

日本では3年間働いてその間に貯金なども含めて全ての準備を整えました。

何回IELTSを受けたか覚えていませんが、結局私が取れたのは一番下の科目で6点というものでした。

これでは大学に入学することができません。

しかしまだ入学する道はありました。

その大学には英語学校が併設されていて、そこの一番上のコースを卒業した場合は大学への入学が許されるというものでした。

海外で生活したい→永住権が必要→大学を卒業しないとならない→IELTSの点数が必要→大学の英語学校を卒業しないとならない

といった感じでどんどん後退していっているような、やらなければならないことが増えていっているような感じがして気が滅入ることもありました。

それでもとにかく3年間で準備は整ったので、ついに会社を辞めてオーストラリアに渡り大学の英語学校に入りました。

次回はいよいよ最終章です↓

ブラック企業入社からオーストラリアに移住するまでの記録(最終章) ~ブラック会社よありがとう まあまあ楽しかった英語学校生活 幸いなことにIELTSの成績を学校に持って行ったところ、いきなり一番上のクラスに入れてもらえました...
ABOUT ME
かわずん
かわずん
アンチ・ブラック企業ブロガー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です