Fitbit Versa実機レビュー!開封、睡眠チェック、水泳の記録から生理周期まで数々の機能を解説

今日はかわずんの妻、ミセスかわずんが執筆します。

ミセスかわずんの誕生日がもうすぐということで、かわずんが「Fitbit Versa」買ってくれました(笑)

高価なものはあまり買えない性格のミセスかわずん。

スマートウォッチどころか腕時計もしなくなってしまったミセスかわずん。

運動といっても、水泳しかしないミセスかわずん。

使いこなせるか・・・ちょっと不安に思いつつも、オーストラリではすでに発売されているので、近くのお店にて購入。

色は「グレー・黒・ローズピンク」とあり迷いましたが、ベルトはいつでも他のモノを購入できるとのことで、何のベルトでも合いそうなグレーにしました。


開封!

中を早速開けてみると・・・まるで高級な腕時計。。。(笑)

入っていたものは、時計本体、大きめのベルトの替え一本、USB付の充電器、簡単な説明書「とりあえず何が入っているのか・ベルトの取り外し方・充電の仕方について」のみ。とてもシンプル。

とりあえずは充電しなければ、、と思いましたが、70%以上すでに充電ありました。

説明書には使い方などほとんど何も書かれていないので、機械に疎い私は「えーーーっと、これからどうすれば。。。?」となりましたが、簡単な説明書に「To Start, Download the Fitbit App(とりあえずアプリダウンロードしよっか。)」と書かれていたので、しかも、Fitbit Versaにも

って、言われたんで、スマートフォン(アンドロイド)の「Play ストア」をひらきましたとさ。

アプリのインストールと外観

私が使っているスマートフォンのOSはアンドロイドなので、とりあえず「Playストア」でFitbit Versa」をダウンロード。

iPhoneアプリはこちらからどうぞ。

ダッシュボードのトップはこんな感じです。

下にスクロールすると、いろいろな記録が出てきます。

前日の睡眠時間や、心拍数水分の量などなど。。。

そして、Fitbit Versa本体が時計らしき文字盤になったところで、腕に装着っ!

うん!なかなかイイ!(笑)

付属のベルトもなかなか気持ちいい肌触りなんです。

ただのプラスチックベルトと思ったら、しなやかで肌に当たっても不快感がない。

次に、どんな機能があるのか・・・無知すぎる私はどこから触れてよいのか分からなかったので、まずは文字盤変えちゃおう!

ということで、アプリ上で文字盤を検索してみました。

文字盤をカスタマイズしてみる

とにかくたーくさん文字盤あって、なかなか選べない。

アナログとかデジタルとか・・・シンプルなものから、超情報たっぷりのものまで。

よしっ、シンプルいずベスト!

ということで、これ!

その名も「Toriwatch」

このトリちゃんがかわいい。

どうも日本人の女性の方が作者っぽい。

(後日、また文字盤変えようかな、、と見てみたら、もっといっぱい増えてました!今後もどんどん増えていくんでしょうか。)

睡眠レベルをチェックしてみる

ゆっても、そんなに運動しないミセスかわずんなので、買った日は睡眠のレベルチェックに全力を注ぎました。

全力といっても、Fitbit Versa装着して寝るぐらいなもんですけど。

まず、子ども達の寝かしつけをしよう・・・と、ここで心配していたことが起きました。

眠気たっぷりの2歳児と4歳児の子どもたちが「おっ、これなんだ?」と目をキランと輝かせた!!

しまったと思い、ささっとパジャマの袖で隠しました。

しばらく「なんだなんだ」攻撃に合いましたが、なんとか取られずに「母のモノ」という概念を植え付けることに成功しました。

そして、こちらが本題の心配していた事

時計しながら寝る習慣ないので、かわずんがいつもFitbit Charge 2を装着したまま寝ているのを見てて、「うっとうしそう」とチラッと思っていたので、私もぐっすり寝れないんじゃないかと心配しました。

いつも何もない左手首が気になったのは2,3分でしょうか。。。。。いや、1分?(笑)

時計自体が軽いからか、ベルトもしなやかで肌触りいいから、すぐに気にならなくなりました。

そして、ぐっすり(笑)

翌朝は、待ってました!睡眠チェーーック!

午前0時27分・・・ちょっと寝るの遅くなっちゃった。
ってそこはどうでもいいか。

大まかとは言えども、多少誤作動はあるとは言えども、自分の睡眠をこうして自宅で簡単に分析できるなんて。。。なんていい時代でしょうか。

このページをスクロールすると、それぞれの睡眠ステージの総合時間が出てきて、「ベンチマーク」のボタンを押すと、通常範囲内に入っているか確認できます。

これで、それぞれのステージが比較的に長いのか短いのか分かります。

ここでとっても大事なことは、「この記録よりも最重要なのは、自分がどんな気分で目覚めたか」です。

いつもと同じ朝を迎えたはずなのに、「あまり寝れていない」ような記録を見ると、「あれ?やっぱり寝れてないのかな?ん?なんかいつもより疲れが取れてない気がしてきた」「あぁ・・・寝れなかった」と、せっかくの普通の朝が最悪な朝にならないようにしないと、Fitbitなどの利口な機械を持っても本末転倒ですね。

占いと同じく、「いいとこ取り」する必要性も無きにしも非ずだと、ミセスかわずんは強く思います。

と、いうわけで、ミセスかわずんは、この記録を見て、「今日はちょっと早く寝よう」と思いなおしました(笑)

エクササイズ:水泳のラップを計ってみる

ミセスかわずんのエクササイズは、水泳しかしていないので、他のバージョンのレビューは期待できませんが、子どもをプールに遊びに連れて行ってきたので、ちゃちゃっと数分だけラップで泳がせてもらいました。

操作は、割と簡単です。

スマートフォン上のアプリでは何もしなくてOK。

Fitbit Versaの本体で、右上ボタンをポチっと。(これエクササイズ用のショートカットです)

暗証番号でのロックをしている場合は、暗証番号を入れてロック解除します。

「ラン バイク スイム トレッド ウェイトリフト インターバルタイマー ワークアウト」の中から、「スイム」をポチっと。

するとシンプルな再生ボタンを押す画面が出てくるので、あとはこれをポチっと押すだけ。

泳ぎ終わったら、右下ボタンを押して、一時停止。その後右上ボタンを押すと終了。

100mしか泳いでなくて恥ずかしい(笑)

25mプールで泳いだので、ラップ数(レングス)は正確でした!

って、たったの4ラップだけどね。

でも、ラップ数のカウントは表示されるまでに5秒くらい時間がかかっていました。

4ラップ終わって画面を見たら、「3レングス」と表示されていて、「ん?」と思っていると、「4レングス」に変わりました。

私の威圧感を感じて「4」に切り替わっ・・・微妙に25mじゃないプールなんでしょうか。。。

それとも、そういうものなんでしょうか。。。よく分かりません。

でも、何はともあれ、正確でした。

「水泳のあとは、しっかりと拭いてください」みたいなことが書かれていましたが、装着したままタオルでちゃちゃっと拭いただけでちゃんと拭けました。

・・・拭けたと思います。

(ミセスかわずんは面倒くさがり屋)

メールなどの通知はどんな感じ?

Fitbit Versaは、スマートウォッチ的なこともできます。

それは、時計なのに「メールを読める」ってとこ。

長い文章も読めるのかな。。。と、かわずんが送ってきたメールを読むと・・・

うん!読めました!

「ぽんぽこぽんのすっぽんぽん」って裸やないかい(笑)

充電時間はどのくらい?

Fitbit Versaは、4~5日間充電が持つそうです。

私が使ってみて、確かに一日で減るのは多くて20~25%程度です。

私は、お風呂に入っている時間は装着しないので、この時間を充電時間にすることにしました。

毎日の充電はまったく必要ないのですが、どうせ装着しないで置くなら、充電器に置けば、いつも充電のことを考えずに済むと思ったからです。

お風呂の時間中で大概100%フル充電できてます。

できてなくても気せずにまた装着します。

どうせ翌日も充電するしね。

充電はこんな感じで台に乗せるというか、挟むんですが、最初はベルトのせいでこの台が浮く感じで、「あってるのか??」と不安になりましたが、どうもこれでいいようです。

充電できればそれでよし。

生理周期のチェックもできる!

まだ、こちらは後ほど機能が充実していくそうですが、とりえず今できることは、最後の月経と周期を入力すると、「妊娠しやすい期間」「次の月経期間」が表示されます。

私の周期がバレるやないかい。

なんか恥ずかしい。

そして、ダッシュボード(スマートフォン上)とFitbit Versa本体にも月経中は「月経終了まで〇日」とか月経後は「妊娠しやすい期間まで〇日」とか出てきます。
この記録がいらない人は、設定でいくらでも変えられると思います。

そんなこんなで、普通に過ごしていたら、こんなん頂きました。

ちょっとやっぱり日本語変よね。

「1日10階」って(笑)

でも、頂けるものは頂いておこうと思うので、すなおに「バッジ」頂きましたー!

フィットビットさん、ありがとう。

というわけで、まだまだたーーくさんある機能を使いこなせる自信もなく、Fitbit Versa開発者の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、自分に合った「いいとこ取り」の使い方でこれからいいお付き合いしていきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

2週間使用しての感想

以降は6月23日に追記しました。

Fitbit Versaを使い始めて2週間ちょっと経ちました。

全く腕時計を付けない生活から一日中腕時計をつける生活になり、使い始めて二日目ぐらいから左肩甲骨あたりが痛くなり。。。

(そんなに運動不足なのかいな。。。)

張り切って一日付けずに、お風呂上りはしばらくやめたり、家にいるときは時折はずしたりしています。

いつの間にか、肩甲骨あたりの凝りはなくなっていました。ホッ。

仕事上、子どもと関わることが多いのですが、さすが中学生。すぐにFitbit Versaの存在に気付き、「え、どうしたの、これ!」と食いついてきます(笑)

エクササイズ:水泳中に記録が消えた?

私はスイミングレッスンを受けているのですが、レッスンスタートから、Fitbit Versaのスイミングモードで記録を開始すると、順調にラップ数を数えてくれるのですが、途中バイブでブルブルとなったので、Fitbit Versaを見てみると記録が消えてる。。。!!!

オーマイガー、また途中からスイミングモードを起動して記録しなおし、ということが2回ありましたが、モバイルのアプリ上でチェックするとFitbit Versa本体で消えたと思った記録もきちんと残っていました

一度記録がなくなってしまったのは、おそらくレッスン中に何度か泳ぎを止めてコーチの指示を聞いていることがあったからかもしれません。

カロリー計算をしてみる

ミセスかわずん、カロリーのことはほぼ無視して今まで生きてきました。

美味しいものは美味しく食べたいし、食べたいものは食べたい。

我慢は嫌だ。

なので、興味本位でカロリー収支(バランス)を見てみることにしました。

まず、アプリのダッシュボードに行き、「今日は何を食べましたか?」をポチっとします。

食事の記録する際は、商品の「バーコード」を読み取ってカロリー等々の詳細をすぐに表示してくれるのですが、私が住むオーストラリの商品は大きな会社の商品のみ読み取ってくれるようで、私がよく使用するマイナーな商品は皆無でした。

どうせなら詳しく記入したいなと思い、「カスタム」でよく使う食材(野菜、調味料、肉類)を登録したり、よく作るメニューはその一品でのカロリーを計算して登録しておきました。

食材のカロリーはGoogleで「カロリー 人参」などで検索すると出てきます。

この登録したものは、実際消費した量を入力して、食事記録としてログすることができます。

最初は、料理したものの材料を全て入力して使った量だけログしていたので、結構正確にカロリーを記録できていたと思います。

ダイエットや筋力付けるためにカロリー計算が必要な人は、Fitbit の機能を使ってかなり正確に記録していけるのではないかと思いました。

でも、私は数日したら・・・やっぱり面倒くさくなったので(笑)

Fitbit に元々登録されている商品の中から近いものを探して、記録するようになりました。

でも、これはこれで便利ですよ!

とりあえず、なんとなくのカロリー計算ということで(笑)

「食事を記録」のページの右上に検索の虫眼鏡マークあるので、それをぽちっとすると食品検索できます。

Fitbit Versa買ったのがオーストラリアだからなのか・・・英語でしか検索できませんでしたけど。

日本で買ったら、日本語で検索できるのかな?・・・できないと困りますよね(笑)

検索結果でオプションはたくさんあったので、食べたものに一番近いものを探せることが多かったです。

ズボラな私でも「カロリー収支」続けられそうな予感ですよ、奥さん!!

そして、食事入力したら、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを見ます。

とりあえずはオーバーしませんでした。

Fitbit Versaが起動しない!!解決法は?

突然、Fitbit Versaの本体が、何をしても起動しない。

トントンと指で軽く叩いても、「おーい!!」と声かけてみたけど、応答なし。

早速、左のボタンと、右下のボタンを長押しして再起動

(長押しは、Fitbitのロゴが出てくるまでです。)

何の問題なく普通に起動してくれました。ホッ。

ま、時計というよりちっちゃなPCですもんね。そりゃバグることぐらいありますよね。

起動しなくても、焦らず落ち着いて、深呼吸して、長押ししましょう。

水分摂取の記録は中々便利かも

ミセスかわずんは、これ、大好き。

以前、一日2リットル飲むことを目標として、頑張っていたことあるんですが、コップ何杯飲んだのか紙に記録したりしていたのですが、この紙の記録が、もう面倒くさくて。

鉛筆どこいったとか、この記録は昨日だっけ??今日のだっけ?とか、ズボラだから管理がもうめちゃくちゃ。

で、記録が雑なので記録やめたら、水分摂取の量も減り。。。

肌はかさかさ・・・便通も・・・

というわけで、Fitbitのアプリで水分の量も記録することにしました。

私は目標2リットルにしていますが、この目標ももちろん変えられます。

そして、コップ一杯飲むたびに「グラス1杯」のアイコンをぽちっとするだけで記録完了。

水筒に入れたお茶(利尿作用なしのお茶)を飲み切ったときは、「ボトル1本」のアイコンをぽちっと。

記録始めてからもなかなか2リットル行きませんでしたが、やっと2リットル達成しました。

まぁ、翌日から快便(笑)

Fitbit Versaの色と種類

日本では5色のFitbit Versaが販売されています。

そして、機能的には通常タイプスペシャルエディションの2種類があります。

スペシャルエディションはFitbit Payという機能が付いていて、Fitbitで買い物の支払いができる機能なのですが、今のところ日本でFitbit Payに対応しているお店は無いようです。

将来対応するところが出てくるかもしれませんが、「ブラウン/ラベンダーがどうしても欲しい!」という場合を除いて、今のところ三千円多く払ってスペシャルエディションを買う意味は無さそうです。

以上が、現在まで使用した感想です。近日中にさらに追加レビューをアップする予定ですので、またチェックしてください!

最後に公式のビデオもどうぞ。

「この記事役に立った」と思ったら仮想通貨で投げ銭してコメントをして頂けませんか?かわずんの励みになります
コメントと投げ銭 TipBlogsで投げ銭とコメントを送る→
☆仮想通貨を持ってない方は→Amazonギフト券(Eメールタイプ)を購入してadmin@ino-kawa.comにお送りください。最低15円から購入可能です。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。