【PCL】人工知能で仮想通貨を運用!PECULIUMが面白そう

追記(2018/1/25):ICOは終了しました。関連記事:「【ICO】PECULIUMのICOが終了しました

PECULIUMのICOに参加して少額投資してみました。

PECULIUMは簡単に言うと、イーサリアムネットワークを使用した、仮想通貨のポートフォリオを人工知能を使って管理・運用するプロジェクトです。

人工知能はAIΞVE(アイーヴ)と名付けられていて、既に初期の試作バージョンが動作しているようです。

人工知能を利用した資産管理というと、ロボアドバイザーを思いつきます。

ロボアドバイザーとは – コトバンク

投資家に対し、人工知能を利用して資産管理や資産運用のアドバイスを行うシステムまたはサービス。投資家がいくつかの質問に答えることで、資産規模やリスク許容度を自動的に判定し、分散投資などに関する情報を提供する。

ロボアドバイザーは不動産、株、為替などの投資信託で既に何社もの日本の証券会社がサービスを提供しています。

資産運用のアドバイスだけをしてくれるものから、お金を預けているだけで全自動で運用をしてくれるものまであります。

ホワイトペーパーによると、アイーヴは8つの言語の情報を分析可能で、仮想通貨に関連したニュースやソーシャルメディアなどの情報をリアルタイムで解析するということです。

PECULIUMは個人だけでなく企業相手にも運用する予定のようです。

私は人間の判断はコンピュータを超えることはもちろんあると思いますが、休みなく膨大なデータを分析して判断のブレが無く実行していくコンピュータの力は長い期間で考えればとても有利だと思います。

仮想通貨に関しては今は個人個人が「ああでもないこうでもない」と一生懸命情報を集めて判断して投資していますが、ロボアドバイザーのようにお金を預けるだけで全部やってくれるようになったら私だったら嬉しいです。

そうしたらその時間をもっと他の事に使えますしね。(私は将来的に是非そうなって欲しいと思います!)

ちなみに、12月に、アイーヴVS人間で、ビットコインの14日間の毎日の最安値と最高値を予測する賞金付きコンテストがbitcointalkで行われていました↓

Future of Trading – AI vs Humans the Prediction Challenge WIN 0.05 BTC

結果は上のサイトの最後のページで発表されていますが、1~3位を参加者が取り、アイーヴは4位だったようです。

でも、アイーヴは参加者の平均値よりは遥かに優れているという結果になりました。

現在はまだアルファバージョンなので、本稼働したら並の人間より遥かに良い成績を収めるのではないかと思います。

ちなみに、PECULIUMは以下のサイトの、「現在行われているICOの読者投票トップ3」の1位になっています。

TOP-3 Ongoing ICO 24.12 – 10.01 according to our readers | Hype.Codes

ICO参加方法

PECULIUMはプレセールが2017年11月にあり、その後、プレICOを経て現在は最後のICOの段階にあります。

最後のICOは2018年1月24日に締め切りで、投資額に対して10%のボーナスが与えられます。

ICOに参加する場合はまず、PECULIUMのサイトに行き、”INVEST NOW!”を押します。

ログイン画面に行くので、一番下の”Create an Account”を押します。

アカウント登録画面になるので、名前、メールアドレス、ログインの時に使用したいパスワードを入力し、上の二つのチェックボックスにチェックを入れます。

一番下のチェックボックスはメールでお知らせを受け取りたければそのままにしておいてOKです。

”Register”を押すと確認メールが届くので、その中にあるリンクを押して確認をします。

ログイン後、画面左の”Buy Tokens”をクリックすると以下のような画面になります。

どの通貨を使ってオーダーするかを選択して、単位を入力すると何PCLもらえるか表示されます。

USDでも支払えますが、日本からならばいずれかの仮想通貨で支払うことになるでしょう。

入力した単位を確認して、”Place order”を押します。

そうすると、画面上に送金先アドレスが表示されるので、そこにオーダーと同じ単位の通貨を送ります。(メールでも確認が来ます)

ちなみに、2時間以内に送金しない場合はオーダーがキャンセルになります。

送金が完了するとページの下にオーダー履歴が表示されます。

”Claim your tokens”を押してトークンを得るのですが、最初はIDの確認を求められます。

私は既にファイルをアップロードした後なので、下のような画面になりますが、最初はここでファイルをアップするように要求されます。

左上は、パスポートや運転免許証の表面です。(カラーで、期限と写真とフルネームと誕生日が書いてあるものでJPGかPNG形式でないとなりません)

右上は、運転免許証をアップした場合はその裏面をアップします。

左下は、住所を証明できるものをアップします。銀行の明細書や、ガス電気水道などの請求書のどれかを受け付けてくれます。(カラーで、フルネーム、住所、発行日が記載されていないとなりません)

全てのIDファイルをアップして暫くすると、それぞれのファイルが承認される度にメールでお知らせが来ます。(私の場合は12時間後くらいに全てのファイルの承認の連絡が来ました)

暫く待ち時間があるので、待っている間に、ログイン画面の”My Profile”から二段階認証を設定しておくことをお勧めします。

全てのファイルの確認が終わると、ログインしてトークンをクレーム(請求)してくださいというメールが来るので、”Buy Tokens”のページに行って、下に表示されているオーダー履歴のところにある”Claim your tokens”を再度押します。

そうすると、どのウォレットにトークンを送るか聞かれるので、ウォレットのアドレスを入力して”Claim takens now”を押します。

ここの注意書きには、「取引所のアドレスはブロードキャストが遅くて失敗することがあるので、ソフトウェアウォレットまたはハードウェアウォレットに送ることをお勧めします」と書かれています。

私はMEWを使いました。

PECULIUMのページ内には説明がありませんが、予めウォレット内でPECULIUMが受け取れるように以下のカスタムトークンを追加しておく必要があります。

Contract Address: 0x53148bb4551707edf51a1e8d7a93698d18931225
Decimals: 8
Symbol: PCL

あとは以下のように、”Confirmed blocks”が15になれば自分のウォレットに届くのでお茶でも飲んでゆっくり待ちましょう。送金が完了するとPECULIUMからメールが届きます。

以上で購入完了です。

取引所で既存の通貨を買うのと比べるとかなり手順が多いですが、頑張ってください。

 

追記(2018/1/19):公式アナウンスで、1月末にHitBTCへの上場が決まったというお知らせがありました。実際に1月の何日になるかはICO終了後にアナウンスされるそうです。Telegramでのコミュニケーションも活発ですし、いい感じです。

追記(2018/1/21):ICOがソフトキャップに達したようです。AIΞVEのアルファからベータへのバージョンアップは2018年の第2~3四半期には行われるようです。サービスリリースまでまだ先は長いですが、アルファバージョンの出来を見て私は期待しています。きっと良いサービスになると信じて気長に待ちます。

注意!!

ICOは詐欺のプロジェクトがたくさんある上に、詐欺でなくても将来本当にサービスが開始するかも分からないので、投資したお金がゼロになる可能性もあります。

そしてそのプロジェクトが成功するかどうかなどさらに分かりません。

成功して人気のサービスになれば元の投資額が何十倍、何百倍になる可能性もありますが、下手をすれば1円も戻ってこない可能性もあるのがICOです。

PECULIUMはプロトタイプも出来ていますし、さすがに詐欺とういことはないとは思いますが・・・いずれにしても、私はこのプロジェクトが成功するという保証はできませんし、お金がゼロになっても何の責任も持てませんので、投資する人はくれぐれも自分でよく考えて自己責任でお願いします。

そして、くれぐれも、無くなってもいいお金で投資してください。

また、トークンを取引所に置くのは安全面的にお勧めしません。

ハードウェアウォレットをまだ持ってない人はこの機会に購入をお勧めします。

ハードウェアウォレットを買う場合は、「【初心者注意】LedgerやTREZORなどのハードウェアウォレットをメーカーと正規代理店以外から絶対に買ってはいけない理由」を読んでみてください。

ABOUT ME
かわずん
かわずん
アンチ・ブラック企業ブロガー