海外で就職するときに一番必要な能力は?

b00f0a3e89b04e5d6d175e9c3bc92ba5_full

あたなが「海外で働くには何が一番重要か?」と聞かれたら何と答えますか?
(就労可能なビザという答えも合っていますが、ここでは海外で働く上で重要な「能力」の話です」)

恐らく多くの人が「英語」と答えるでしょう。

確かに海外(特に英語圏)で働くためには英語はある程度必要です。
コミュニケーションが全く取れないのでは大した仕事はできませんから。

しかし、それよりももっと必要な物があります。

英語と日本語ができるというだけでは仕事は見つからない

海外で働きたいと思っている人の中には何かしら日本と関係のある会社を探せば日本語のネイティブスピーカーという利点を活かして仕事を見つけられるだろうと考えている人もいると思います。

しかし実際にはそんな簡単にはいきません。

それから、英語と日本語の能力がかなり高ければ通訳や翻訳者になるという選択肢も考えられます。
通訳を経験したことがない人は、日本語と英語のレベルが高ければそれをもう一つの言語にするのは難しくないと考えがちです。

しかし実は通訳は二言語ができれば簡単にできるというものではありません。

通訳や翻訳は会話がなされる分野の知識が相当ないと難しいもので、プロの通訳者は仕事の前に予めその分野について勉強したり調査したりして専門用語なども理解できるようにしているのです。

一番重要なものは?

英語力よりも重要なもの - それは「この事についてなら人と比べられても負けないくらいの自信がある」と言えるだけの技術(スキル)です。

和食料理の技術だったり、IT関係のスキルだったり、他にもたくさんあるでしょう。

現地で必要とされている何かしらの高度な技術を持っていれば英語がそれほどうまくなくても仕事が見つかる可能性は高くなります。

当然ながら採用されるには面接できちんと自分の能力を説明出来るだけの英語力とコミュニケーション力は必要になってきます。
面接で質問されたことが理解できないようでは話になりませんから。

しかしいくら英語で説明する能力があったとしてもあなたの技術が会社にとって魅力的でなければ結局雇ってもらうことはできません。

だから英語力よりもスキルなのです。

会社はあなたが持っている技術が欲しいのです。
英語力ではありません。

ある程度文法的に間違いがあろうと、アクセントが日本語英語だろうと構いません。
きちんとコミュニケーションが取れれば雇ってくれるところはいずれ見つかります。

もしあなたと同じレベルのスキルをもっている現地の人が応募してきたら英語がネイティブな分だけ相手に利があります。

いずれにしてもネイティブと英語力で競うのは無理な話ですので、そういう意味でも現地で通用する、他の競争者にも負けないくらいの技術と経験をもっていることが重要なのです。

逆に英語が中途半端でこれといったスキルが無い場合は仕事を得るのはかなり難しいでしょう。

なぜなら現地には(日本国内でも同じことですが)英語がネイティブで大したスキルがない人はいくらでもからです。
それらの人と競争して勝つのはまず難しいでしょう。

どのようなスキルがいいのか?

それではどのような技術が有利なのでしょうか?

これはそれぞれの国で違うので一概には言えないので、あなたが行きたい国の仕事検索サイトなどで需要を調べるのがいいでしょう。

当然のことですがどんなに良いスキルを持っていても需要が無くては仕事にありつけません。

私の周りでも、スキルは持っているのに中々会社が見つからず日本に帰ってしまったり、或いは不本意ながらも別の職業に就いた人を何人か見てきています。

基本的には、かなり特殊でニッチな業界のスキルよりは、より一般的なスキルのほうが良いと思います。

特殊なスキルは全体の絶対的なポジション数が限られているために募集している会社も限られてしまいます。
汎用的なスキルの分野はその仕事で働いている人はたくさんいますが、その分、募集もたくさんあります。

上にも例で挙げましたが、和食料理人とかIT分野(すごくニッチな分野以外の)などは仕事が見つけやすい分野です。

英語とネイティブ

上で「日本語英語でも気にするな」と書きましたが、ついでにそのことについても書いておきたいと思います。

移民が多いオーストラリアのような国では移民してきた人達の国の数だけ英語があります。

シンガポール英語やインド英語、ベトナム英語に中国英語などなど。
日本語英語もそのうちの一つです。

日本語英語だからといって笑われることはほとんどありません。

まあ、あまりに酷かったり言い方が全く違っていたりすると理解されなかったり笑われたりすることもありますが。
でもそういう場合でも大概はバカにされるということは無く、間違いを指摘して好意的に受け止めてくれます。

日本人だって、外国人が一生懸命話していたら頑張って聞こうと思うでしょうし、おかしな言い方だったからといって馬鹿にしたりはしませんよね?

それと同じです。

そもそも英語を第一言語としている国だってそれぞれが別の英語か、または方言みたいなものです。

日本ではアメリカ英語が標準のように扱われていますが、イギリス英語を元とするならばアメリカ英語もオーストラリア英語もたくさんある英語の種類のうちの一つです。

だから日本語英語だからと言って気にする必要はありません。

最初にも言ったとおり、意味が通じなかったり相手の話が全く通じないのでは仕事はできませんが、「自分は英語は下手だから恥ずかしい」とか気にする必要はありません。

とにかくスキルを伸ばそう

オーストラリア育ちで両親が日本人で英語も日本語も普段の生活は不自由なくできるという人もいますが、これといったスキルがないために給料の良い仕事につけない人もいます。

なので、もし真剣に海外で働きたいと思ったならとにかく現地で需要が高くまた現地で通用するだけの技術を身につけることです。

そのためには日本でスキルを身につけて経験年数を伸ばすのも手です。

それから、私の以前の記事(なぜ学生は就活の面接で嘘をつかなければならないのか?)でも書いたとおり、欧米の会社では中途採用でも職種に関係した学位を重視する会社が結構ありますので、もし関係した学位を持っていないのならその習得を目指すこともとても意味があることです。

きちんとした知識と能力と経験、それから学位があればあたなを雇いたいと言ってくれる会社はきっとあるはずです。

 

最後に宣伝です。英語圏であれば英語を伸ばしておくに越したことはありません。以下の英会話スクールも参考にどうぞ。

【マンツーマンタイプ】

直接会って1対1で話すタイプ。時間があればこのタイプが一番お勧め。私も1対1のレッスンをやりましたが、自分の勉強したい事を重点的にできるのがGoodです。

◆完全マンツーマンの英会話スクール【START-UP ENGLISH】

高品質なマンツーマンのレッスンを低価格な料金プランで。基礎から日常英会話を始めたい方から留学経験者、海外在住経験者が英語力を維持されたい方まで。

◆満足度99.1%!コスパ業界最高クラスの英会話教室【イングリッシュ・ビレッジ】

英会話上達の道は「品質」×「回数」です。 大手英会話スクールの約30%~50%の授業料で、たくさん通うことができます。 月謝制ではなくチケット制なので、気軽に始められて、 無理なく長期的に続けられます。

【オンラインタイプ】

手軽にどこでも受講できるのが特徴。決まった時間を取れない人に向いてますね。

◆いつでも先生と一対一でチャット英会話ができる全く新しい学習体験をスマホアプリで!

「チャット英会話を通じて習うより慣れよう」 予約不要で、思い立った瞬間に先生と1対1のチャット英会話が始まります。スキマ時間に無理なくチャット英会話をすることで、英会話に必要な英語脳を作ります。

【短期集中タイプ】

すぐに少しでも英会話に慣れたい人、最初のきっかけが欲しい人向け。

◆たったの2日間で英語が喋れるようになる短期集中英会話イングリッシュブートキャンプ

2日間で喋れるを約束。2日間約20時間英語漬けで、 短期海外留学でも得られない圧倒的成果を得られます。

 

ABOUT ME
かわずん
かわずん
アンチ・ブラック企業ブロガー