井戸端

イケてるカフェと思わぬ人に出会った話~月曜日から優雅なブランチ最高!

今日は雑談ネタで。

私の妻と、友達と一緒に近くのカフェに行ってブランチをしてきました。

友達はみんなお母さんで、月曜日なので彼らの旦那さんはみんなお仕事です。

平日にみんなが会社に行っている時にこうやってゆっくりブランチを食べれるのって最高!

男性はこういう時間も会社で働かないとならないので本当に可愛そうですね(笑)

思わぬ再会

行ったカフェは私の家からほど近いところにあり、私がいつも行っているジムのすぐそばです。

ジムの帰りに時々一人でカフェに寄ってコーヒーを飲むこともあるのですが、このカフェは車の多い道を渡らなければならず、面倒で何となく行っていませんでした。

で、たまたま今日はこのカフェで集合という事になっていて行ったわけですが、お店に入って店員を見ると、その店員も私も「あれ?会ったことあるよね?!」

なんと、私がオーストラリアの大学に入る前に居た英語学校のクラスメイトでした。(ちなみに彼は韓国人です)

私達がそこに通っていたのはなんと15年も前のことです。

まさか同じクラスで自分以外にこんなに長い期間オーストラリアにいる人がいるなんて思ってもいませんでした。

その学校から近い場所であればまだ会うのも分かりますが、私が住んでいるのはそこから車で1時間近くも離れたところです。

世の中、本当に面白いですねー。

ちなみに、彼はそこカフェのオーナーをやっているそうです。

料理もコーヒーも最高

そのカフェはネットでの評判がかなり高かったので期待していたのですが、どれもとてもオシャレ!

しかも、見た目だけじゃなくて味も素晴らしい!

私はコーヒーは結構うるさいほうですが、コーヒーも文句なし!

「こんなに近くにあったのに、なんで今まで来なかったんだろう」と思うものばかりでした。

これからの私のレギュラーカフェになりそうです 🙂

せっかくなので、写真を撮っておきました。

私は写真はあまりうまくないので、インスタ映えするようなものは撮れませんが(笑)

 

パンとアボカドのサンドイッチ?みたいなやつ。私の妻が食べました。

私が食べたやつ。黒米が下にあって、上に豚肉とローストベジなどが載っています。うまかった!

友達が注文した豚バラ肉の料理。下はホタテ。めっちゃオシャレ。

これはタロイモベースの飲み物。ちょっと飲ませてもらったけど、甘くておいしかった。何と言っても色がきれい!

おすすめ家庭用エスプレッソマシン

家で手軽にエスプレッソを作れるエスプレッソマシンの紹介です。

カプセルタイプ

超お手軽に本格エスプレッソが出来るのがこのタイプ。

一杯分のコーヒー粉が入っているカプセルをマシンにセットして抽出ボタンを押すだけ!

実は私が持っているのもこのタイプです。

超簡単に作れるのに、味は本格的なエスプレッソマシンに劣りません

コーヒーの粉はカプセル内に密封されているので長持ちしますし、量の調節なども一切考えずに済みます。

また、マシンは必ず手入れが必要で、使用後にきちんと清掃をしていないとまずいコーヒーになってしまうのですが、清掃という面でもこのタイプは超簡単で手間いらずなのがポイント。

デメリットは一杯当たりのコストが他のタイプに比べて少し高くなる(一杯30~50円程度)ことですが、掃除などにかかる手間や時間を考えたら一概に高いとも言い切れません。

コーヒーを淹れるまでの作業の楽しみとかどうでもいいから、とにかく手軽に美味しいエスプレッソを飲みたい」という人にピッタリです。(←あ、これ私のことです)

下はカプセルタイプでアマゾンで一番評価が高くて売れているモデルです。

同じくネスレが出している以下のモデルも評価が高く売れています。ドルチェグストは日本で私の親が使っているのですが、お手軽なのに味は中々のものです。

半自動タイプ

自分で豆を挽いて、自分の好みでエスプレッソを作りたい人向け。手間はかかりますが、コーヒーにこだわりのある人には作っている時間も楽しいひと時でしょう。

全自動タイプ

コーヒー豆を入れると豆を挽く作業から抽出まで全自動で行ってくれるタイプです。

本格的なエスプレッソが作れるのに操作は簡単という、初心者向けのタイプです。

下のマシンはコーヒー豆からでも、コーヒー粉からでも抽出ができ、豆の挽き具合、コーヒーの濃さ、量、温度まで様々な設定が可能なスグレモノで、アマゾンでベストセラーになっています。

ものぐさな私にはカプセルタイプが一番合ってますが、ゆっくりとコーヒーを挽く作業から楽しみたいという人もいるでしょうから、そこはそれぞれの好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

ABOUT ME
かわずん
アンチ・ブラック企業ブロガー