UPcoin取引所が正式オープン。取り扱い通貨や登録手順など。


本ブログで何回か取り上げていた、UPcoinがベータテストを終え、ようやく正式にサービスを始めました。

最初、3月初旬くらいにオープンとか言っていたような気がするので、2ヵ月くらいの遅れですね。

去年の年末に間に合っていたら相当な取引量を期待できたでしょうけど、遅すぎましたね。

でも、ちょうどマーケットが上昇してきているところなので、タイミング的にはそう悪くもないのかも?

取り扱い通貨

まずは以下の29通貨が扱われています。

全てBTC、ETH、LTCのペアがあります。

Aeternity (AE)
AION (AION)
Basic Attention Token (BAT)
Bitcoin (BTC)
Bytom (BTM)
Dentacoin (DCN)
DENT (DENT)
DigixDao (DGD)
DigiPulse (DGPT)
EOS (EOS)
Ethereum (ETH)
ETHOS (ETHOS)
Everex (EVX)
ICON (ICX)
Loopring (LRC)
Litecoin (LTC)
OmiseGo (OMG)
Populous (PPT)
REBL (REBL)
RHOC (RHOC)
SALT (SALT)
Status (SNT)
SocialX (SOCX)
Tronix (TRX)
VeChain (VEN)
WAX (WAX)
Wild Crypto (WILD)
Zilliqa (ZIL)
0x (ZRX)

ほぼメジャーどころだと思いますが、いくつか草っぽい感じのものも入っていますね。

SOCXとかWILDとか聞いたこともありませんが・・・どうやって選定しているんでしょうね?

UPcoinは最終的に1000通貨の取り扱いを目指しているようなので、今後もどんな通貨が出てくるか楽しみです。

MONAとかZNYとかの国産通貨も入るかしれませんね。

ちなみに、始まったばかりで取引がかなり少ないようで、現在のところ、板はこんな感じでスッカラカンです↓

取引所は有名どころでもハッキングなどで停止することもあるので、いくつか予備としてアカウントを持っておくのも良いと思います。

持っておくだけなら無料ですしね。

そういう意味では、取り扱い通貨が多くなる予定のUPcoinのアカウントは持っていて損はないのではないと思います。

登録方法

そういうわけで、登録方法です。

1.UPcoinにアクセス。

2.トップメニューにあるCREATE ACCOUNTを押す。

3.メールアドレスとパスワードを入力して、 I accept Terms of Useをチェックし、CAPTCHAを押してサインアップ

4.すぐにメールが来るのでConfirmボタンを押す。

5.二段階認証

登録は以上で完了ですが、安全のために二段階認証を設定しておきます。

右上の自分のメールアドレスを押し、Securityを押す。

6.Enable 2 Factor Authenticationを押す

7.メールが送られてくるので、その中にある数字を以下のフォームに入力して、Verifyボタンを押す。

8.Authenticator Secret Codeを保管する。これはスマホを失くして2段階認証が出来なくなった時にリカバリするために必要なので大切に保管しておく。

9.QRコードをGoogle Authenticatorでスキャンし、表示された数字を入力してEnableボタンを押す。

以上で終了です。

今のところ、登録に際して身分証明などは必要無く、そのため、取引量の制限も無いようです。

ABOUT ME
かわずん
かわずん
アンチ・ブラック企業ブロガー