【BitFlyer編】海外から日本の仮想通貨取引所に登録できるかを検証してみる

まず、BitFlyerのサイトに行き、アカウント登録をします。

メールアドレスを入力して、送られてきた確認メールの中のリンクを押すと登録完了。

*メール内に初期パスワードが書かれていてちょっと怖いので後でログイン画面の「設定」から変更しておくことをお勧めします。

ログイン後の画面の右側の「ご本人情報のご登録」を押して情報を登録します。

情報登録画面では私の場合はオーストラリアの住所と電話番号を入力します。

「国」を日本以外に選択すると、電話番号には国際コードを付けてくださいという説明が出ます。私はオーストラリアの国番号+61を付けて入力します。

次に、本人確認資料の提出に移ります。

私はオーストラリアの運転免許証を使ってみます。

免許の画像のアップロードも何も問題なく完了したので、次に取引目的の確認です。適当なものにチェックを入れます。

続いて銀行口座情報の登録。これは多分日本国内の銀行しか無理なんでしょうね。私はまだ口座が残っているのでそれを使います。

銀行情報の登録をすると、すぐに銀行情報登録完了のメールが来ました。情報の確認を行うようです。

ホーム画面に戻ると、本人確認資料が承認待ちになっているのが分かります。

あとできそうなのは携帯電話認証とIDセルフィーですね。これらが必要なのか分かりませんが、とりあえず携帯電話認証だけやっておきます。

本人情報の登録で入力した電話番号が既に入っているのでそのままボタンを押すとすぐにSMSが送られてきました。

進捗

銀行口座登録完了から約2時間で銀行口座承認メールが届きました。

ABOUT ME
かわずん
かわずん
アンチ・ブラック企業ブロガー